妊婦が乳酸菌サプリを摂取しても大丈夫?妊娠中こそ必要?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-YOU_DSC_0834-thumb-1000xauto-12458

世間は様々な良い効果をもたらす乳酸菌パワーに注目しています。

腸内環境を整えて便秘解消、免疫向上など健康や美容分野で幅広いニーズのある乳酸菌をしっかり摂取しましょう!

乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの加工品から摂取するイメージが大きいですが、日本人の大好きなお味噌やぬか漬けなど植物系からも豊富に摂取できるのが嬉しいですね。

乳酸菌は妊婦さんにも推奨されている貴重な善玉菌です。

健康な赤ちゃんを産むためにもしっかりと積極的に乳酸菌を摂取しましょう。

妊娠中の体調変化や薬の関係をまじえながら乳酸菌の必要性をご紹介致します!

薬の飲めない妊婦さんへ

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s

残念ながら妊婦さんは市販薬をはじめとした薬を控えなければなりません

特に胎児の脳や器官が作られる妊娠初期には十分な配慮が必要です。

ですから、常日頃から薬を飲まない状況にしていなければならないのです。

つまり、感染症などにかからないようにマスクをしたり、人混みを避けたりと予防が大切ですね。

それに加えて乳酸菌摂取は腸内環境を高めて免疫機能強化になるでしょう。

乳酸菌サプリで腸内環境を改善

ちなみに、湿布などの外用薬でさえも成分の浸透を考えると処方しない医師さえいます。

通常、インフルエンザにかかるとタミフルやイレンザなどの特効薬が処方されますが、妊婦さんの場合は処方されても漢方薬で体調を整える程度です。

そんな重大な感染症にかかりにくい体にするためにも乳酸菌の力を借りて免疫アップにつなげたいものです。

妊娠初期から出産まで薬を必要としない健康的な妊婦さんでいたいですね。

乳酸菌で免疫力がアップする

妊婦さん悩み、ホルモンバランスによる便秘解消

f504c7138612568ab934d3e2ed41f631_s

妊婦さんになると様々な体の変化に不快感を覚えるでしょう。

代表的な症状に便秘があげられますね。

これは妊娠中のホルモン変化によるもので、腸の動きが鈍くなる事や、つわりなどで食欲がなくなり食物繊維などを摂取できなくなる事もあげられるでしょう。

また、妊娠中は自律神経が乱れたり、お腹の大きさなどで良質な睡眠がとれなかったりするケースもあるでしょう。

妊娠中に睡眠不足を感じている妊婦さんは意外に多いのです。

そんな時、乳酸菌が自律神経を整えて安定した睡眠を供給してくれるのです。

乳酸菌サプリで質の良い眠りを!安眠効果をゲット

また、妊婦さんの便秘は血圧向上につながるため、1日一回のお通じを心がけましょう。

ちなみに、妊婦さんが何らかの体調不良で入院管理にいたった時には入院食にヨーグルトが出されます。

まさに乳酸菌は妊婦さんにとって救世主的役割を持ちますね。

乳酸菌サプリを飲むことで便秘症が解消される?!

妊娠中の赤ちゃんをアトピー肌にさせない

アトピー体質の妊婦さんが乳酸菌をしっかり摂取する事で、生まれてくる赤ちゃんのアトピー発症率が抑えられるのです。

ヨーロッパのとある国では、赤ちゃんのアトピー体質はお母さんの妊婦時期の腸内環境の良し悪しに左右されるという研究報告もあります。

乳酸菌サプリでアトピーが治る?!乳酸菌のすごい力!

乳酸菌のサプリメントの原点はビオフェルミン

img_product01

家庭に常備している確率の高いビオフェルミン

幼い時にお腹の調子が悪いとお母さんが救急箱から出して飲ませてくれた記憶がありますね。

このビオフェルミンがまさに乳酸菌サプリメントの元祖だと思います。

そして妊婦さんも飲める安全な医薬品です。

といってもビオフェルミンは医薬品でありサプリメントとは違いますが、主な配合成分を見るとご存知の優秀な乳酸菌がずらりと記載されています。

ビフィズス菌

一番メジャーな乳酸菌です。

健康的な乳児の腸内環境から発見されたバクテリアで善玉菌です。

大腸にあると悪玉菌を撃退してくれる、最も腸にあってほしい乳酸菌です。

アシドウィルス菌

悪玉菌増殖を抑制させる菌でビタミンB群に属すビオチンを作ります。

他にもビオフェルミンには優秀な乳酸菌がたくさん配合されています。

 

まさにこのような成分を利用して販売され始めたのが乳酸菌サプリメントですね。

味や形状を飲みやすく、より効果的に改良されたものがほとんどで、お値段も手頃です。

乳酸菌サプリが医薬品のビオフェルミンと違うのは、コンビニでもネットでも簡単に購入できるという点です。

つわり時期にはなかなか摂取できない乳酸菌、どうする?

妊娠初期のつわり症状、個人差はありますが、食欲がなくなったり、サッパリしたものしか食べたくなかったりと普段と違う食の変化に戸惑います。

そんな時に食事から乳酸菌を摂取しようと思うとなかなか困難ですね。

つわり時期だけ、味噌汁や乳製品が苦手になってしまうケースもあるためサプリメントなどを上手に活用する方法も考え方の1つです。

乳酸菌サプリメントは妊婦さんにとっても害のないものですが、飲み合わせなどもあったりアレルギーがあったりすれば妊婦さんにとって良い状況でないため医師に相談したいものです。

その産科によっては推奨しているサプリメントに違いがある場合があります。

他にも葉酸など妊婦さんや赤ちゃんにとって良いとされるサプリメントが優先される場合もあるでしょう。

こうした乳酸菌を始めとするサプリメントは妊婦さんにとって特に飲み合わせや摂取量などを守る必要があるでしょう。

また、乳酸菌だけでなく善玉菌のエサとなるオリゴ糖類を併用して摂取するとさらなる効果が得られます。

まとめ

40550b1eb5344b37d71a42da87b9d863_s

約10ヶ月間、お腹の中で大事な命を育てる妊婦さんは心も体も強くなければならないのです。

乳酸菌は普段から病気知らずの健康な体調にととのえてくれる大事な善玉菌です。

投薬に頼れない妊婦さんには必須となる事でしょう。

食欲のない時期もあり、乳酸菌がなかなか摂取できない時期にはサプリメントなどで補助してあげたいものですね。

nyuusannkinrank

 

このページの先頭へ