ピロリ菌を撃退!LG21乳酸菌の効果

近年、乳酸菌の健康効果が大きく取りだたされており、現代人は特に乳酸菌の効果を体内に取り込む事がよいと、乳酸菌サプリやヨーグルトの摂取が進められています。

体に良い乳酸菌の中でも、特に胃腸の健康を保ち、病気のリスクを減少させることができるとして大きな注目を集めている乳酸菌が、LG21という乳酸菌です

何といっても注目すべきは、ピロリ菌に対する効果

ピロリ菌は胃腸に住み着く菌の一つで、さまざまな病気の引き金を作りだす菌です。

このピロリ菌が胃腸に存在することによって、どのような症状や病気を引き起こすのでしょうか。

ピロリ菌によっておこる病気

  1. 胃炎
  2. 胃潰瘍
  3. 胃がん

LG21には、これらの恐ろしい病気を引き起こすピロリ菌を減少させる効果があります

乳酸菌にはこうした菌に対する抑制効果があるものがいくつもありますが、LG21はそのような抗菌作用がある乳酸菌の中でも、最もピロリ菌の繁殖を抑制する効果がある乳酸菌なのです。

乳酸菌サプリがガン予防になるって本当?!

ピロリ菌をピンポイントで攻撃できるLG21

乳酸菌LG21が優れている点は、ピロリ菌に対してとりわけ抗菌効果を発揮するという点です。

ピロリ菌に対して特に強い抗菌効果を持つ事から、胃腸に障害を引き起こす病気の根源を除去できるとしてLG21は非常に注目を集めています。

抗生物質などでピロリ菌を除菌した場合

  1. ピロリ菌は確かに除菌できるが、他の菌(善玉菌や中間的な菌)も死滅させてしまう
  2. 善玉菌がなくなるため、下痢などの症状が出たり、逆に胃腸の焼死が悪くなってしまう場合もある
  3. 腸内フローラのバランスを大幅に乱してしまう

腸内フローラとは何?腸内細菌が万病を解決する鍵になる?!

LG21でピロリ菌を抑制した場合

  1. LG21はピロリ菌にのみ抗菌効果があるので他の善玉菌などの繁殖を阻害しない
  2. LG21自体が体に良い菌なので、腸内フローラの状態をより良好にする
  3. ピロリ菌を減少させ善玉菌が増えることにより、相乗効果が生まれより健康状態がアップする

善玉菌を増やす方法とは?腸内環境を改善する乳酸菌の効果

このように、ピロリ菌に対しては抗生物質などの薬ではなく、LG21を継続的に摂取することがよりたくさんの健康効果や体へのメリットであることが明らかです。

ピロリ菌は、現代人の多くの人が保菌しているといわれていて、胃や腸のさまざまな病気の引き金になっています。

健康を損なわないようにしながらピロリ菌を減らすためには、LG21乳酸菌を摂取することが最も望ましいといえるでしょう。

胃や腸の健康を保つLG21の摂取方法

では、胃や腸の病気を予防し、健康的な生活をするためには、LG21をどのように生活の中に取り入れていったらよいのでしょうか。LG21の効果を発揮させるための方法をご紹介します。

LG21をより効率よく摂取し、効果をアップさせるには

  1. 乳酸菌サプリなど、手軽に乳酸菌を摂取できる商品で、LG21を配合しているものを利用する
  2. 継続してLG21を体内に取り込む
  3. ヨーグルトなどの食べ物も、LG21入りのものを選ぶようにする

まとめ

現代人の多くが罹患している胃潰瘍や胃炎、そして命にもかかわる胃がん、それらの予防のためにも、ぜひ乳酸菌を選ぶ際にはLG21を選ぶようにしましょう。

胃や腸や健康な体を作りだすために、もっとも重要な体の器官です。健康を維持するためにもLG21を摂取する生活を心がけましょう。

nyuusannkinrank

 

このページの先頭へ