人の健康に大きく貢献するビフィズス菌とは?

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

ビフィズス菌というキーワードは、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

いろんな効果がうたわれた商品も店頭で発売されていますね。

よく知られていることは、腸内で働く善玉菌で、ヨーグルトなどの発酵食品に入っている、体に良い、おなかにいい菌が含まれていて、腸の働きを良くし、お通じを整えてくれることなどでしょうか。

しかし実はビフィズス菌の働きはそれだけではないのです。

では具体的にビフィズス菌にはどのような働きがあり、人の体にどのような影響を与え、どのような役割を果たしているのかを紹介していきましょう。

健康な体作りと腸内の環境は密接なかかわり合いがある

人間の体の中には非常に多くの細菌が住み着いており、ビフィズス菌はその中のひとつです。

それらの細菌は、人体の健康に密接な関係があります。

病原菌などが体内に入ったとき、病原菌と戦って病気にかからなくする役目の「免疫力」と、体内の細菌は大いに関係があるからです。

細菌の種類は数百種類にも上り、数にするとなんと数百兆個にものぼります。

ビフィズス菌を含んだ体内の細菌には、どのような種類があるのでしょうか。

大きく分けると細菌の種類は3種類

細菌というと良くないものをイメージする方もいると思いますが、そうとばかりも言えません。

体内に存在する細菌の種類ですが、大きく分類すると3種類あります。

人間にとって有益な細菌、害のある細菌、そのどちらでもない細菌です。

人の体に良い影響を与える善玉菌

代表的な善玉菌は、ビフィズス菌乳酸菌です。腸の働きを活発にし、栄養の消化吸収の働きをサポートしています。

善玉菌を増やす方法とは?腸内環境を改善する乳酸菌の効果

未解明の菌を含む中間菌

この菌のことを日和見菌ともいい、腸内細菌の状態で、優勢な菌の性質になるタイプの菌です。

バクテロイデス菌や非病原性大腸菌などの菌や、その他いまだ未解明の菌を含みます。

つまり善玉菌が強ければ善玉菌側に、悪玉菌が強ければ悪玉菌側につき、しかも数が一番多いので、腸内環境はこの菌がついた側の性質に傾くことになります。

体の状態によって人体に有害であったり、無害になったりと、体内の状態によって左右されることが多くなります。

体に必要なとは?人の体にある日和見菌(ひよりみきん)を徹底研究!

人の体に害を与える悪玉菌

黄色ブドウ球菌やウェルッシュ菌などの菌で、食中毒を引き起こすこともある有害な菌です。

たとえ食中毒を起こすほどの細菌数でなかったとしても、腸内環境を乱し悪化させ、人体の悪影響の原因となる物質を生成してしまいます。

乳酸菌で悪玉菌を抑制して健康と美容を手に入れよう!

善玉菌の代表格、ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

善玉菌を代表するのがビフィズス菌乳酸菌という細菌です。

この2つの細菌は、腸内において非常に健康に有益な役割があるため、毎日しっかりと摂取することがおススメです。

では、この2つの細菌には、それぞれどのような特徴や働きがあるのでしょうか。

ビフィズス菌について

ビフィズス菌は、人の腸内に最も多く住んでいる細菌です。

人間の腸に棲むビフィズス菌は約10種類あり、特に大腸に多く生息しています。

酸素のある環境では生きられないため、酸素がない大腸は、ビフィズス菌にとって非常に住みやすい場所と言えるでしょう。

腸内では乳酸や酢酸を作りだし、善玉菌として非常に強力な役割を果たしています

乳酸菌について

乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作りだす善玉菌です。

ビフィズス菌も糖を分解して乳酸を作り出しますが、乳酸菌は分解物の50パーセント以上が乳酸です。

ビフィズス菌に比べて数は劣りますが、ビフィズス菌と異なり、大腸だけではなく小腸や十二指腸にも生息することができ、それらの場所で働くところが大きな特徴です。

また、腸内で乳酸を作り出すことによって、腸内環境が酸性に傾きます。

酸性の環境では悪玉菌は増えにくいので、腸内環境が良くなり健康になるというわけです。

ビフィズス菌同様、人間の体に有益な働きをし、腸内環境を整える他、整腸作用や免疫力アップに効果があります。

ビフィズス菌は年齢によって減少する

実は、腸内環境は年齢を重ねる事によって大きく変化していきます。

乳児は、ビフィズス菌が母乳などに含まれるオリゴ糖をエサにして増えるため、腸内の約90パーセントをビフィズス菌が占めています。

しかし離乳期以降、普通の食事をとり、また年を重ねることで、腸内に善玉菌以外の細菌が増えることにより、善玉菌の割合が減少してしまうのです。

特に、不規則な食事や、運動不足、ストレスなどでスムーズな排泄ができなくなり、排出されない排泄物が腸内で腐敗すると、悪玉菌が増えやすくなります。

善玉菌が減少して悪玉菌が優位にたつと、体に害を与える物質を作りだし、病気になったり免疫力がダウンしてしまいます。

加齢によって減少するビフィズス菌をしっかりと補う

善玉菌となる乳酸菌やビフィズス菌は、加齢によってどんどんその量が減少してしまいます。

加齢による善玉菌減少を抑えるためには、ビフィズス菌などを食事をはじめとする経口摂取で、常に補う必要があるのです。

そのために便利なのは、ビフィズス菌や乳酸菌入りのサプリです。

毎日確実にビフィズス菌を取り込む事ができますし、本来胃酸などの酸性の消化液に弱い善玉菌を、消化液に負けずに生きたままで腸に届けることができるので、非常におススメです。

乳酸菌で免疫力アップ!免疫力を高めるサプリや食べ物

ビフィズス菌の体内での働きとは?

では、ビフィズス菌は体内でどのような働きがあるのでしょうか。

ビフィズス菌の体内での活躍

腸内環境を整える

乳酸や酢酸を作りだし、腸内環境を整える働きがあります。

強力な殺菌力を持つ乳酸や酢酸によって、悪玉菌増殖を抑制します。

乳酸菌サプリで腸内環境を改善

血中脂質改善

腸内環境が良ければ、適正な量の脂肪分を体内に取り込み、余分な脂肪は食物繊維などと一緒に排泄されます。

しかし、腸内環境が悪いといつまでも排泄されず、余分な脂肪分まで吸収することになってしまいます。

ですから乳酸菌を取り腸内環境を良くすることが大切ですが、ヨーグルトなどは脂肪分も含むため、気になる人はサプリメントなどで補うのが良いでしょう。

このほかにも抗腫瘍作用など、健康体の維持に貢献する多くの作用があります。

腸の粘膜を保護する

有機酸を作りだし、腸の粘膜を保護します。

特にビフィズス菌が作りだす酢酸は、腸管保護作用の働きが強く、病原性大腸菌O157などの予防効果も非常に高いとされています。

ビタミンB群を生成

ビフィズス菌には、葉酸などのビタミンB群を生成する働きもあります。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、葉酸といったものです。

これらのビタミン群は、糖質の代謝や脂質の代謝、皮膚や粘膜の補修などに貢献しています。

つくり出したビタミンB群は非常に消化吸収に優れていて、健康体を維持するために必要になります。

体内でビタミンを生成することのできない人間にとっては、とても大切な働きです。

乳酸菌とビタミンの関係とは?効果と効率良く摂取する方法

健康に貢献する作用

その他にもインフルエンザなどの感染予防作用、血中脂質改善、免疫力アップ、抗腫瘍作用など、健康体を維持したり、健康に貢献する多くの作用があります。

これは、腸の細胞に、人間の体がもつ免疫細胞を働かせる指令を出す役割があり、乳酸菌が腸の働きを整えると、病気に対する免疫力も高まるためです。

腸内環境が良ければ、病原体が入ってきたときも、すぐに免疫細胞に指令が行きやっつけることができるのです。

乳酸菌サプリを飲むことでインフルエンザ予防ができる?!

ビフィズス菌を効果的に摂取する方法

しかし、ただヨーグルトなどを食べても、消化液に弱いビフィズス菌はなかなか腸まで届きません。

ビフィズス菌を生活の中に簡単に取り入れるためには、どうしたらよいのでしょうか。

乳酸菌サプリやビフィズス菌入りのサプリで簡単に補う

乳酸菌やビフィズス菌を効率よく摂取する最も簡単で確実な方法は、やはりサプリを利用するということになるでしょう。

サプリであれば、生活スタイルや食生活を見直すことなく、手軽に善玉菌を増やすことができます

また、食品からビフィズス菌や乳酸菌を摂取した場合よりも、腸に生きて届く確率が高くなるというメリットもあります。

生きたまま腸に届くように包まれていたり、消化吸収されにくい形にしてあり、胃酸などの消化液によって死滅しないような工夫が製造工程で施されているものがほとんどです。

まとめ

昨今、腸内環境が健康に及ぼす影響が大きいことが明確に解明されつつあり、腸内環境を整えることは、健康な体を作ったり、維持したりすることにおいて、非常に重要な事であることがわかっています。

自分の健康のためにすぐにできる、すぐに始められる方法として、ぜひ善玉菌を増やす乳酸菌サプリやビフィズス菌入りのサプリを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

毎日コツコツと善玉菌を増やすことで、今の健康だけでなく、将来の健康や長寿までも手に入れる事ができるかもしれません。

年齢とともに減少していく善玉菌、ぜひ今すぐにでも善玉菌を増やす行動をはじめ、自分の健康な体に少しでも貢献しましょう。

nyuusannkinrank

 

このページの先頭へ