糖尿病予防には乳酸菌が効く?!善玉菌をサプリで摂取!

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

時には贅沢病なんて呼ばれてしまう糖尿病疾患、飽食の時代だからこそ増え続ける厄介な病気です。

そんな糖尿病についての知識を深めながら、様々な疾患対策として注目を浴びる乳酸菌効果を検証しましょう。

果たして本当に糖尿病は贅沢な病気なのでしょうか?

残業やストレス三昧の現代人が自分の意思に反して仕方なくなってしまう病気でもあるのです。

現代人に増え続ける糖尿病とは?

膵臓から分泌されるインスリンがなんらかの事情で少なくなると体内の血糖値が上昇します。

これが続くと糖尿病と診断されてしまうのです。

勤勉でストレスを抱えやすい日本人は糖尿病になるリスクが高いでしょう。

寝る前寸前の食事や運動不足などの悪条件が重なる事から糖尿病は増え続けています。

糖尿病とまで診断されていなくても予備軍とされる血糖値高めの人は少なくありません。

糖尿病の種類

糖尿病といってもいくつかの型があり、発症の原因や進行の仕方はそれぞれです。

糖尿病Ⅰ型

急激に発症するタイプで思春期に多くなります。

ここ数年、食の欧米化により幼児など低年齢化しています。

国内における1型患者は1万人に1人の割合と2型と比較しても少ないでしょう。

糖尿病Ⅱ型

1型と比較すると進行はゆっくりしていて患者自信もいつから発症したのか不明な事が多いのです。

中年と呼ばれる世代の40代から発症率が高めで健康診断や人間ドックで血液検査の血糖値の高さで認識する事が多いでしょう。

国内における糖尿病患者の殆どがⅡ型と報告されているのです。

妊娠糖尿病

妊娠をすると女性ホルモンの影響で糖尿病を発症するケースがあります。

産後は健康体に戻るという妊婦特有の疾患になりますが、将来的に糖尿病を患うリスクも否めません。

どの糖尿病を発症しても余病や治療法の有無に注意が必要です。

糖尿病の初期症状とは?

知らないうちに発症し、日常生活に支障ない症状であるため、進行してから気づくケースも少なくありません。

それでも初期症状として体は何かのサインを出しているはずですよ。

  • 喉の渇き
  • 多尿
  • インポテンツ(男性の勃起不全)
  • 体重減少

このような症状が現れたらすぐに内科や循環器科を受診しましょう。

進行や症状を抑制させる事は可能で投薬や皮下注射まで至らずに治療できるチャンスです。

糖尿病の何が怖い?

糖尿病の怖さは自覚症状のないところです。

悪化すれば腎臓機能の低下で腎臓透析

視力低下で失明

末端壊死で足切断

など様々な余病が怖いのです。

これらの糖尿病からくる疾病は三大疾病と呼ばれます。

他にも傷が治りにくいなどがあり、他の病気で手術したのに完治しにくいなどという事もあるでしょう。

糖尿病3大疾病とは

臓機能低下

腎臓機能が落ちれば必然的に数日に1回のペースで人工透析を行います。

所用時間は数時間かかり、体力的、金銭面も負担がかかるでしょう。

また、さらに進行すれば移植などで腎臓を取り戻す方法もありますが、ドナーの問題もあり、なかなか簡単にはいきません。

視力低下

最初は老眼かな?くらいにしか思わなかったのにだんだんとぼやけて見えたり、視界が狭まるなどして、ほうっておけば最悪、失明にまで至るという事があります。

視力に変化が見られた場合、眼科の受診をしましょう。

端壊死

はじめは、つま先の痺れなどから足の感覚がなくなり末端壊死という最悪のケースを引き起こします。

義足などをはめて歩行する不自由な生活になってしまうでしょう。

ただの痺れと軽視せずに感覚が麻痺してきたら脳外科などを受診すると原因がハッキリするでしょう。

これが糖尿病治療!

運悪く糖尿病になってしまったらまずは栄養士からの食事指導があるでしょう。

これは本人よりも食事を作る家族に対しての要素が大きいです。

糖尿病の食事とは

いざ、糖尿病の食事指導を受け、いただこうとした時、あまりにも今までの食事内容と違い薄味で質素な事に驚く患者さんも少なくありません。

身長、体重、労働条件に合わせた食事のカロリー配分が伝えられるでしょう。

糖質だけを控えるのではなく、朝昼晩三食しっかり食べて血糖値の安定をはかります。

野菜、きのこ、豆類、コンニャクなどのローカロリーで栄養価のあるものがセレクトされるでしょう。

糖尿病メニューは健康やダイエットにも良いことからそうしたレシピ本などが販売されています。

他にも、血糖値を下げる投薬がなされます。

血糖値測定はマメに行われるでしょう。

食事療法、投薬、運動でも血糖値が安定しない場合はインスリン注射になります。

医師の指導を受けながら皮下注射として1日に数回自分で行います。

乳酸菌がもたらす糖尿病への役割とは?

様々な乳酸菌が研究、開発される中で食品、薬品会社が血糖値を下げたり、血糖値安定させたりする乳酸菌を開発しています。

多くの臨床試験を経て誕生した乳酸菌に糖尿病改善が期待できるでしょう。

漢方薬の盛んな中国での臨床実験では血糖値上昇に対して乳酸菌が漢方治療を上回る効果を示したと発表しています。

こうして国内だけでなく海外においても乳酸菌の効果が認められ始めているのですね。

まとめ

現代人がかかりやすい糖尿病ですが、一度かかってしまうと血糖値を安定させるための薬を続けなければならないでしょう。

ひどくなれば皮下注射を決まった時間に打つなどしなければならないのです。

また、食事療法は食事を作る家族まで巻き込む治療となるのです。

なによりも様々な余病が引き起こす疾病が人生を大きく狂わせてしまうはでしょう。

そんな憎き現代病にかからないため、安定させるためにも日頃からの運動、食事、睡眠に気をつけたいものです。

さらに、乳酸菌の力もしっかり借りて免疫力アップと血糖値抑制に力を入れましょう。

食べ物などから乳酸菌が 摂取できないのであれば、サプリメントなどで補助しましょう。

乳酸菌サプリメントは、様々な味や形状があるため、ライフスタイルに合わせて使い分けるのも便利です。

nyuusannkinrank

 

このページの先頭へ