乳酸菌サプリでコレステロール値をコントロール

 da1a8da835b2ffd01443756ccbbe3267_s

乳酸菌サプリがコレステロール値をコントロールします。

最近では肉中心の食事が増え、野菜や果物などを摂取する機会がぐんと減りました。そんな中で乳酸菌の効果に期待がかかっているのです。

乳酸菌は腸内環境を整え、便秘解消や美肌、免疫機能の向上だけでなくコレステロール値の安定化まで貢献するのです。

中高年になると知らぬ間に数値向上が懸念されるため早めの生活改善あるいは治療が大切です。

乳酸菌サプリを飲むことで便秘症が解消される?!

乳酸菌が美肌に導くって本当?理由を解説

コレステロールとは

 

1280px-Cholesterol_with_numbering.svg

会社などで健康診断、人間ドックを受診した際に血液検査の項目がありますね。この更に細かい項目にコレステロール値とあります。

結論から申し上げれば、ほうっておくと動脈硬化を引き起こしてしまう要注意因子と言えるでしょう。

ここで言うコレステロール値こそ肝臓で作られ他の臓器器官へ運ばれるLDLです。基準値は60mg/㎗〜139mg/㎗とされているため、しっかりと数字を把握して生活習慣、食事、運動などに気をつけて過ごす必要があります。

コレステロール抑制は医療機関での指導項目になっているため様々なアドバイスを受ける事でしょう。

乳酸菌がコレステロールを抑えてくれる!

乳酸菌がコレステロールを抑えてくれるという事実はいくつもの臨床実験で証明されています。

ある団体に1ヶ月間乳酸菌を飲用してもらいました。

その結果飲用していた団体人員のコレステロール値がぐんと低くなったのです。この現象、簡潔に述べてしまうと、腸内でコレステロールが作られて他器官に移行する前に乳酸菌により吸収排出されるためです。

乳酸菌の取り方も様々で、ヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌サプリメントなど多岐に渡ります。

乳酸菌はコレステロールをコントロールする

乳酸菌が高いコレステロールを低くするという事は理解できましたね。

しかし、コレステロールは高すぎても、低くすぎても問題になる病気が隠れている場合があります。そんな不安定な値を調整してくれるのも乳酸菌です。

低い人も高い人もどちらも平均的な値に調整しようとする力を持つ優等生と言えるでしょう。

コレステロールに動物性乳酸菌が強い!

乳酸菌には大きく分けて2種類あります。

漬物、味噌の植物発酵食品などの植物性乳酸菌とチーズ、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌です。

最近取り上げられる話題には、国内で、食の欧米化が盛んになり植物性乳酸菌摂取を推奨する声が多い中、コレステロール調整に関しては動物性乳酸菌の方が良いとの見解があります。

まとめ

生活習慣病の基準値でもあるコレステロール値。

普段の食生活改善や運動でなんとかコントロールしたいものですが、現代人の忙しさでは思うようにいかないのが現状のようです。

コレステロール値が低い場合、高い場合どちらも、なんらかの健康疾患が隠れているリスクが高いため、早めの対策が必要となります。

最近では乳酸菌のコレステロール調整が注目され、時と場所を選ばない乳酸菌サプリメントのニーズが高まっています。

 

nyuusannkinrank

 

このページの先頭へ