乳酸菌サプリがうつ病対策に!セロトニンとの関係とは

572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s

乳酸菌サプリがうつ病対策に!セロトニンとの関係とは

国内ではうつ病を患う人が増えました。これも仕事や家庭でのストレスが背景にあるようです。 うつ病にならなくても予備軍と呼ばれるなんらかの精神疾患を患う人も少なくない現状なのです。

最近は女性の社会進出化が進み男女関係なくうつ病発症が懸念されています。 こうした精神疾患は一度、精神科医などを受診するとなかなか完治されたとはみなされず、改善されても環境が変わったり、体調が悪くなったりする事で再発する事が多いのです。

うつ病に処方される薬は抗うつ剤や睡眠剤などが多く、長期間の服用がほとんどで副作用も心配されるでしょう。

いまや、国民病とも呼ばれるうつ病対策に乳酸菌サプリが良いと言われています。 乳酸菌サプリがうつ病に与える良い効果とはどのようなものでしょうか。

乳酸菌がセロトニン不足を改善!

腸内に存在する『セロトニン』という脳内物質をご存知でしょうか。 幸せだなぁ、楽しいなぁなどの快楽を誘発する大切な物質と言えるでしょう。 このセロトニンの存在がなければ精神的な不安がつきまとい、不安感が募りやすくなります。まさにうつ病のきっかけになりかねないのです。

乳酸菌はこのセロトニンを増やす役割をしてくれます。 セロトニンのほとんどが腸内で生産されるため腸内環境を整える乳酸菌が大きな役割を果たすでしょう。

食事で乳酸菌を摂取できるのが理想ですが、忙しい日本人にはなかなか難しい課題です。 思い切って乳酸菌サプリメントを上手に利用したいものですね。 うつ病にならない為にはまずセロトニンを減少させない腸内にする事なのです。

乳酸菌とトリプトファン食品も併用する

セロトニン物質を生産するのに欠かせないトリプトファン。 必須アミノ酸物質で納豆やチーズなどの食材に含まれています。 これらの食材を積極的に取り入れる事で不眠や不安感などのリスクが下がるでしょう。

乳酸菌サプリで腸内環境を整え、セロトニン増加に関わるトリプトファン食品を併用する事で益々うつ病になりにくくなるでしょう。

乳酸菌でストレスのない体調作り!

日々のストレスや疲れが腸内の悪玉菌を増加させ、様々な体調不良を引き起こすでしょう。 ストレスがきっかけで生じる疾患には便秘、下痢の他に免疫低下が原因で風邪などの疾患もかかりやすくなるのです。 どのような病気もストレスの原因になるため、乳酸菌で善玉菌優位の体調にしてあげる事です。 これで免疫力は向上し、体調不良による悩みはなくなるでしょう。

まとめ

うつ病と診断されたり、予備軍であったりしても落ち込む必要などありません。 上記で述べたように幸せホルモン『セロトニン』やセロトニンを作り出す『トリプトファン』がしっかり生産できる腸内環境を整えてあげれば良いだけです。

それが日々の乳酸菌でできるのです。乳酸菌にも植物性や動物性などがありサプリメントの形状も錠剤やカプセルなど様々です。

自分のライフスタイルに合わせて継続できる乳酸菌サプリ選びが大切ですね。

nyuusannkinrank

 

このページの先頭へ